スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラティウルガグロス

突発大会で使用しました

予選は12勝1敗で1位通過、8人の決勝トーナメントで決勝まで勝ち上がるもそこでベテに負けて準優勝でした。

手助けタスキラティ+ジュエル身代わりウルガ+大爆発グロスをコンセプトとしました

手助けジュエルさざめきでクレセリアやバンギラスをぶっ飛ばせます

ラティウルガの2体できついのが穏やかボルトロスの存在でした

なのでそのボルトロスを迅速に処理できる大爆発メタグロスを採用しました

ラティオス

臆病

実数値:155-*-101-182-130-178

努力値:0-0-4-252-0-252

ドラゴン中最速を誇るラティオスがタスキを持てば基本的にはドラゴン対決で負けません

ドラゴンが多い環境なのでこれが非常に大きいと思っています

不意のスカーフポケモンの攻撃も耐える事が出来たので安心感が違いました

手助けはウルガモスのさざめき熱風やグロスのバレットやランドロスの地震、ロトムのサポートをします。

ウルガモス

臆病

実数値:161-*-85-187-125-167

努力値:4-0-0-252-0-252

霊獣ランドを抜くために臆病なのは確定で、火力が無いと手助け込みでクレセやグロスなどを落とせないのでCぶっぱ。

さざめきが等倍で通ってあまりDが高くないポケモン、例えばロトムなども確定で落とせます(H157-D136まで)。

最速サザンまで見るためにSもぶっぱしました。

トリル以外だとシャンデラよりウルガモスの方が好きです

メタグロス

意地っ張り

実数値:187-191-151-*-122-92

努力値:252-148-4-0-92-12

大爆発でボルトロスを倒します。

昔は大爆発がすごく警戒されてましたが今は警戒されにくいのですごく刺さりました

ロトムやトリトドン等の普通1発で倒せないポケモンを一気にぶっ飛ばせるのは熱いと思います

Aを191まで上げているのはH252B4ロトムを大爆発で確定にするため。

またA190からB4ラティオスに対するバレットの威力が42から43に上がる事ので後述するランドロスの蜻蛉返りと合わせてラティオスを確定で落とせるようになります。

モロバレル

生意気

実数値:213-*-121-105-121-31

努力値:188-0-244-0-76-0

雨ナットレイを解決してくれるモロバレル。

ラティオス+ロトム+モロバレルでようやく雨に対して安定して勝てるようになると思います

キノコの胞子でトリパ(スイッチトリパ)に隙を見せにくいのも良い所で、例えば霰トリパにノオーブルンを並べられたとしてもユキノオーに胞子を打つ事で勝ちに繋げる事が出来ます。

トリル下で重力ドサイドンの上を取れる所も評価しています

ランドロス

意地っ張り

実数値:169-216-111-*-101-138

努力値:36-252-4-0-4-212

蜻蛉返り+バレットでラティオスを確定、手助け地震でメタグロスを高乱数で落とせるという事で意地っ張り。

Sは最速70族のスカーフ抜きに加え、準速スカーフグドラやヘラまで見ました。残り耐久

やはりスカーフランドは使いやすいです

ロトム

控えめ

実数値:157-*-127-160-128-117

努力値:252-0-0-168-4-84

バンドリヒートロトムにトリトドンが入っている場合が辛いのでめざ草を採用しています。

めざ草さえあればその組み合わせにかなり楽に立ち回れます



余談ですが決勝の動かし方の説明をします。

予選でゴリラと試合をしていて持ち物がお互い割れていました

僕が先発ラティウルガ、相手はランドグロス。相手はロトムが重そうなので後発にサザンは居ると予想、またラティウルガを見れるバンギも控えていると思っていました。

鉢巻きグロスとスカーフではないランドと分かっていたから大爆発の択もあるだろうと思って初手は身代わり+守るを選択しました。

ランドロスはラティオスの流星+熱風を耐えると読んで動かししてきたらしいのですがよほどDに振ってない限り落ちていたと思います。(191-106だとしても流星のダメージが135~160、熱風のダメージが75~88)

なのでランドロスは動きづらいだろうと思っていたのですが両方動かされる。

ランドロスを無くしてしまうと向こう側相当きつくなると思ったから今度こそ引いてくるか守られると思って2ターン目は思い切って手助け熱風でグロスを落としにかかりましたがここも動かされる。

鉢巻きだと分かっていたのでDは普通かそれより下だと思ったのですが残り1で耐えられてしまいました。後から計算した結果87.5%の確率で落ちていたそうです

ここで雪崩とコメットを当てられウルガもラティオスも落とされる。

僕の後発はロトムグロス。サザンの大文字をかわすくらいしか勝ち筋がなく順当に負けました。

優勝できなかったのは悔しいですが楽しめたので良かったです!
スポンサーサイト

レーティング使用パ

シャンデララティオスブシンナットレイウォッシュキッス


シャンデラ@拘りスカーフ
控えめ CS252
シャドーボール、めざめるパワー氷、熱風、オーバーヒート

ラティオス@ドラゴンジュエル
臆病 CS252
流星群、サイコショック、日本晴れ、守る

ローブシン@黒帯
慎重 H252 A12 B4 D204 S44
ドレインパンチ、マッハパンチ、岩雪崩、見切り

ナットレイ@オッカの実
慎重 H252 A44 B68 D108 S36
宿り木の種、パワーウィップ、アイアンヘッド、守る

ロトム@食べ残し
穏やか H236 D180 S92
ハイドロポンプ、十万ボルト、電磁波、守る

トゲキッス@お盆の実
臆病 H236 B4 C12 D4 S252
エアスラッシュ、火炎放射、神秘の守り、この指止まれ

シャンデラ+ラティオスを軸に構築していったパーティ。
シャンデラとラティオスの相性はかなり抜群で、ラティオスの苦手な相手にシャンデラが強いためにラティオスが比較的流星群を撃ちやすい環境を作ってくれる。
また、シャンデラがスカーフなので相手のラティオスを縛っている為同族ゲーを無視して隣に流星群を叩きこむ事も出来る。
シャンデラ+ラティオスが苦手なのは雨パや砂パといった天候パなので後ろをそれらに強い4匹で固めた。

このパーティの欠点として、シャンデラ+ラティオスが選出出来なかった時の相手への縛り性能の低さと遅さが上げられる。実際シャンデラとラティオスが動けないと力負けしてしまう部分があるので今後使う場合はそこを改良していきたい。

ちなみにあまりやっていないがレートはシングルとは違い1700台をうろちょろしていただけである(自分のプレイングレベルの問題もあるが)

>シャンデラ
CS振り。臆病だとラティオスを縛る事が出来ない為控え目。
ラティオスとコイツで組ませる場合はコイツは控え目1択になると思う。
クレセグロスにも強気で動けるのでラティオスと組ませやすい。

もちろんラティアスは縛れない。

>ラティオス
調整するならラティアス使えばいいのでCS振り。
眼鏡流星耐えしてるポケモンもシャンデラの熱風のおかげで確定に出来たりするのでジュエルを持たせた。

また、雨パは雨状態じゃないとラティオスが重い事が多くシャンデラの強化も出来る日本晴れをコイツに持たせた。
おかげで雨パには結構な勝率をキープしている。

>ローブシン
ラティオスの眼鏡流星群耐え
ボーマンダのジュエルめざ飛行耐え
ボルトロスのジュエルめざ飛行耐え
キングドラの雨珠ハイドロポンプ耐え

ラティオスシャンデラを構築するにあたってまず最初の課題がバンギドリュウズである。その為、それにかなり強いローブシンを入れる事にした。
また、ズルズキンにもコイツは圧倒的に強いのでシャンデラがシャドーボールを使った時にズキンが来ても安心してコイツを投げる事が出来る(実際は熱風+ジュエル流星で落ちるが)
素早さの関係上霰性能は全然無いのが辛かったかな。
シャンデラの辛いポケモンに打点を持てるので相性は良かった。

>ナットレイ
・テラキオンのインファ耐え
・オッカ込みでゴウカザルのオバヒ耐え

シャンデララティオスの課題その2として対雨パである。
そこで強烈なメタとなるナットレイを入れる事にした。ただ単に対雨で入れたわけでもなく、パーティが電気に弱かったりシャンデラが落ちるとラティオスに全員縛られたりするのでコイツを入れる事によって色々保管されている。
アイアンヘッドなのはもちろん最遅じゃないからだがこのパは打点が低すぎるのが問題だったのでジャイロの方が良かった。
コイツ自体は強い。

>ロトム
・ラティオスの眼鏡流星耐え

さっきも言ったがラティオスの流星群がナットレイしか半減出来ないのが辛いので、眼鏡流星を耐えてくれるロトムを採用した。
コイツも対雨や砂で中々の性能を発揮してくれて、このパの弱点である遅さを解決するために電磁波を持たせた。
電気技はボルトチェンジも良かったのだがこちらに天候を書き換えてくれるポケモン自体がいなかった為、気軽に撃てる10万ボルトを採用した。
コイツ自身そこそこの耐久があって電磁波を敷きやすいので使いやすかった。

>トゲキッス
・メタグロスのコメットお盆込み3発耐え
・テラキオンの岩雪崩お盆込み2発耐え

このパーティのトゲキッスの役目はシャンデララティオスのミラーを回避する事とラティオスに電磁波をいれられてしまうのを防ぐのがコイツのお仕事である。
シャンデララティオスが相手にいた際こっちはキッスラティオスを選出すると相手のシャンデララティオスに対してかなり強気に動けたりするのがコイツの強みである。
エアスラが単純に強力な事もあり、クソゲーを仕掛ける事も出来るのでコイツのスペックはかなり高かった。
ただ、シャンデラナットレイロトムをグロスに強いポケモンが3匹もいるのでバンギに強くなれる波動弾を採用した方が良かったのかもしれない。

なんだかんだ自分が初めて考えたパーティで愛着が沸いているため今後弄ってまた使ってみたい。

モバ勢スタン

ビリジオンマンダクレセリアカビゴンメタグロスサンダー

ビリジオン@格闘ジュエル
陽気 AS252
リーフブレード、聖なる剣、守る、日本晴れ

ボーマンダ@スカーフ
控えめ C248S252
火炎放射、目覚めるパワー飛、流星群、ハイドロポンプ

クレセリア@ラム
人によって変わる
トリックルーム、手助け、凍える風、リフレクター

カビゴン@オボン
意地っ張り お盆込みでグドラの雨珠ハイポン連発耐えとかグロスのコメパン2耐えとか
恩返し、岩雪崩、地震、守る

メタグロス@オッカ
意地っ張り HS252
守る、バレットパンチ、地震、コメットパンチ

サンダー@命の珠
控えめ CS252
見切り、十万ボルト、シグナルビーム、熱風

チアキさんが09時代の時に使っていたパーティーを身内がいじったたもの、ホントよく出来てるなーと思いました。

構成はこの6匹で人によって技が変わったりもするみたい。

珠サンダーの火力は相当で眼鏡流星耐えのソクノギャラドスも確定で持っていったりクレセのこごかぜ+シグナルでラティオスを倒せたりする。

ただ、このパを使っていた時はバンギやニョロトノが解禁されていなかった時代なので両方にある程度強めなビリジオンが入るみたい。
対天候はビリジオン1匹に任せてる感じもしないのでキングドラがやや重かったりもするが、クレセでトリルすれば逆縛れたりするので砂雨に弱くは無い。

このパが辛いのはヒートロトム、軸であるサンダーの技やグロスの攻撃もほとんど通らないのでカビゴンやマンダで早めに処理しておきたい。

電磁波を敷かれてもこのパはトリルで逆に利用する事も出来るので、電磁波は余り気にしなくてもいい(痺れは知りません(・_・))
ロトムがめんどいのでマンダをラティに変えてもいいかなーと。その場合めざ地必須になるけど

1度使ってみたいパですねー

BWGSのゼクロム

ゼクロム

陽気@達人の帯
A196-D60-S252
らいげき、守る、ドラゴンクロー、きあいだま

・無振りオーガ、ホウオウを雷撃で確定1
・臆病カイオーガの雨潮吹き2発耐え
・ミュウツーの珠吹雪耐え
・ドラゴンクローでレックウザ確定1
・らいげきでH振りメタグロス、バンギラス確定2
・きあいだまでディアルガ確定2

全員レベル100で想定
というかまず他のポケモンの努力値すらわからないので振るだけ振ってお蔵入りになりそう。

ゼクロムはカイオーガとホウオウとメタグロスに強いのはいいんだけどその他に弱すぎるし技も少ないから残念なポケモンになりそう。
ただホウオウには滅法強い。
しかしDが100と低いためカイオーガには眼鏡持たれてると普通に潮吹き2発で負けるしハバン持っても眼鏡流星群を耐えられないなんか可哀想なポケモンですね、かっこいいのに


しかしこのルールやってる人いるんですかね
自分は気が向いたらやりたいと思います。

GSはやっぱり第4世代でやりましょう!!

イッシュパ


ボルトロス@飛行のジュエル
臆病 154-×-91-176-100-179
身代り、十万ボルト、めざめるパワー飛、雨乞い

ズルズキン@ヨプの実
慎重 172-142-135-×-149-78
猫騙し、噛み砕く、守る、けたぐり

ガマゲロゲ@命の珠
控え目 181-×-95-150-95-126
濁流、気合い玉、草結び、守る

ランクルス@お盆の実
控え目 214-×-114-162-119-51
サイコキネシス、守る、気合い玉、電磁波

一番最初に作ったパーティ、色々駒が足りなくて流用が多いけれどそれなりに使いやすかった。
ただ、控え目だとガマゲロゲがスカーフテラキオンを抜けない事に気付いたのでガマゲロゲを使う場合は臆病安定かなと感じた。
ただ控え目じゃないと火力が足りないので控え目で使う場合はある程度テラキオンに強めに組む必要がある事を知ったのでズルズキンにはヨプを持たせた。

雨の障害になるのがブルンゲル、モロバレル、サザンドラの3匹でありズルズキンはサザンドラとブルンゲルには強い立場にあり脱皮と噛み砕くのおかげでモロバレルにもそこそこの打点も持つ事が出来る。それらの点からズルズキンを採用する事にしました。

コジョンドでもいいのだが耐久が不安な点とボルトロスのめざパで1撃でやられてしまうので採用を見送った。
1度ちゃんと育成しなおしてこのパをもう1度使ってみたいですね。

個別解説
>ボルトロス
ただのCS振りの個体だが、モロバレルをすぐ処理できないのは雨パにとって致命傷であると自分は考えたのでめざ飛+噛み砕くで高乱数で落とせる確率を上げるためにこの振り方+ジュエルになった。
トルネロスでいいんじゃないかと思うかもしれないがトルネロスにすると相手のトルネロスやアーケオス等の飛行技を駆使してくるポケモンに一方的にやられてしまうため、それらに強いボルトロスを採用する事にしました。

>ズルズキン
・177サザンドラのジュエル流星群耐え

なんか全国で使おうとか思って育成したやつを流用したやつ、自分は全然ダブルバトルしないんですけれどもズルズキンがこれしかいなかったので(

ただ意地っ張りの方が実数値がトクするみたいなので意地っ張りで作る予定、

ただコイツにA振りまくったおかげでモロバレルを倒す確率も上がったのでこの振り方で問題ないハズ。

>ガマゲロゲ
CSぶっぱ。このパのエース、ただ濁流してるだけで強い。
オノノクスなんかもちらほらみたので気合い玉を抜いてめざ氷を投入すればよかったかな。

ちなみに濁流を外した事は1度も無かった(
コイツに関してはあんまり語る事が無いかと思うのでこれだけで

>ランクルス
シングル流用の奴、ガマゲロゲが抜けないせいでテラキオンが重たくなったのでコイツを投入する事にした。
一応ボルトロスの十万を2発耐えたり珠サザンの悪の波動を確定で耐えたりお盆込みで補正無しのズルズキンの噛み砕くを2発耐えたりするので使い心地は悪くなかった。

ボルトロスが倒れた場合にローブシンが辛かったのもあって色々と役に立ったポケモンでした。

ただ相性というかこのパの場合はブルンゲルを投入するべきだったかもしれない。


今度作る時は真面目に作ってみたいですね(
中野梓
FC2カウンター
プロフィール

オマル・ノーム

Author:オマル・ノーム
ニコ生とツイッターメイン。

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
ツイッター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。